第 911 回 toto予想
toto予想minitoto予想
開催日ホームvsアウェイ(1)(0)(2)(1)(0)(2)
13/04浦 和3-1C大阪   
23/04甲 府0-1鹿 島  
33/04広 島0-1清 水  
43/04F東京2-0大 宮    
53/04磐 田0-1仙 台  
63/04神 戸2-1新 潟   
73/04横浜M3-0札 幌    
83/051-3G大阪   
93/05川 崎1-1鳥 栖  
103/05山 口1-2福 岡   
113/05愛 媛0-0松 本 
123/05名古屋1-1岐 阜  
133/05京 都1-0徳 島 
1等
2等
3等
64,875,090 円
243,220 円
14,160 円
2 口
65 口
1,116 口
結果 9/13(A)
(B)
5,766 円
4,567 円
4/5
 4/5


第 911 回 totoGOAL3予想
チームスコア
広 島0   
清 水1  
F東京2  
大 宮0   
磐 田0  
仙 台1  
1等
2等
53,803 円
2,070 円
172 口
2,985 口
結果 5/6


toto240x240


みんなのtoto情報はここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



第911回toto 試合別チームデータ
ホームチーム直接対戦成績(リーグ戦)アウェーチーム
浦和レッズ
13位(J1)
全試合
HOME
AWAY
浦和 16勝 7分15敗
浦和   7勝 4分 8敗
浦和   9勝 3分 7敗
セレッソ大阪
11位(J1)
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 1敗
得点 2 失点 3
2016
2015
2014
2013
無し
無し
(H) 1○0 (A) 0●1
(H) 2●5 (A) 2-2
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 1分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 0 失点 0
GK 榎本 哲也(横浜M)
DF 菊池 大介(湘南)
MF 矢島 慎也(岡山)
MF 長澤 和輝(千葉)
FW オナイウ・阿道(千葉)
FW ラファエル・シルバ(新潟)
主な加入選手DF マテイ ヨニッチ(クロアチア)
MF 水沼 宏太(F東京)
MF 清武 弘嗣(セビージャ)
MF ソウザ(ブラジル)
欠場:FW 高木出場停止・ケガ欠場選手欠場:MF 山内
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/28(H) 5○2 (FCソウル)
02/25(A) 2●3 (横浜M)
02/21(A) 4○0 (シドニー)
02/18(A) 2●3 (鹿島)
ACL
J1 第1節
ACL
FUJI XEROX CUP
 
02/25(H) 0-0 (磐田)
 
 
 浦和は横浜Mとの開幕戦で終了間際に失点して負けた。富士ゼロックス杯の再現のような試合だったが、その後のACLで大勝したため悪い流れを断ち切った感じがする。
 対するC大阪は磐田との開幕戦で何度もあった決定機を決められずスコアレスドローに終わった。浦和よりも日程的な優位性はあるが、得点力不足の傾向が感じられる。
 この試合は浦和の勝利をシングル買いし、ミニトトでは引き分けもダブル買いしたい。
【3-1】浦和は過密日程ながらACLでの好調な流れのままに好結果を出した。新加入のFWラファエル シルバもチームにフィットしており、今後も大きな戦力になりそうだ。対する負けたC大阪は昨年の得点力不足を解消するに至っておらず、しばらく苦戦が続くのかもしれない。 
ヴァンフォーレ甲府
7位(J1)
全試合
HOME
AWAY
甲府 6勝 3分 8敗
甲府 2勝 2分 4敗
甲府 4勝 1分 4敗
鹿島アントラーズ
14位(J1)
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 1分 0敗
得点 1 失点 1
2016
2015
2014
2013
(H) 3-3 (A) 0●4
(H) 0●1 (A) 1○0
(H) 0●4 (A) 0●1
(H) 3○0 (A) 0-0
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 0 失点 1
DF 小椋 祥平(G大阪)
DF エデル リマ(ブラジル)
MF 兵働 昭弘(水戸)
MF 堀米 勇輝(京都)
FW ガブリエル(ブラジル)
FW ウイルソン(仙台)
主な加入選手GK クォン スンテ(現代)
DF 三竿 雄斗(湘南)
MF レオ・シルバ(新潟)
FW レアンドロ(ブラジル)
FW ペドロ・ジュニオール(神戸)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
 
02/26(A) 1-1 (G大阪)
 
 
ACL
J1 第1節
ACL
FUJI XEROX CUP
02/28(A) 1●2 (ムアントン)
02/25(H) 0●1 (F東京)
02/21(H) 2○0 (蔚山現代)
02/18(H) 3○2 (浦和)
 甲府はG大阪との開幕戦で素晴らしい堅守速攻を見せ、惜しくも引き分けて勝点を奪った。ドゥドゥの戦列復帰が待たれるが、今のチームでも鹿島と接戦が出来ると予想する。
 対する鹿島は開幕戦でFC東京に敗れ、その後のACLでもタイのチームに負けた。やや得点力不足の傾向も見られ、堅い守りの甲府に苦戦することが予想される。
 この試合は鹿島の勝利を本命に、甲府の勝利もダブル買いしたい。
【0-1】鹿島はレオシルバのスーパーゴールで先制し、そのまま昨年王者の戦いをしたね。一方の甲府もPK失敗は痛かったが、素晴らしい堅守速攻の場面もあっただけに、今後に期待できそうだ。 
サンフレッチェ広島
7位(J1)
全試合
HOME
AWAY
広島 19勝 9分25敗
広島 12勝 5分 9敗
広島   7勝 4分16敗
清水エスパルス
14位(J1)
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 1分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 1
2016
2015
2014
2013
無し
(H) 2○0 (A) 5○1
(H) 1-1 (A) 3○1
(H) 3○1 (A) 4○0
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 0 失点 1
GK 中林 洋次(岡山)
MF 稲垣 祥(甲府)
MF フェリペ(ブラジル)
FW 工藤 壮人(バンクーバー)
主な加入選手GK 六反 勇治(仙台)
DF カヌ(ブラジル)
DF フレイレ(ポルトガル)
MF 野津田 岳人(広島)
欠場:DF 佐々木,MF 柏出場停止・ケガ欠場選手欠場:DF カヌ,MF 河井,竹内
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/25(H) 1-1 (新潟)
 
J1 第1節02/25(H) 0●1 (神戸)
 
 広島は新潟との開幕戦で先制点を奪うも追い付かれ引き分けに終わった。主力FW2人が抜けたために攻撃に迫力不足の感があり、ホームながら今節も苦戦することが予想される。
 対する清水は神戸との開幕戦で見せ場を作るものの決め切れずに完封負けを喫した。ただ、失点もセットプレーからの1失点のみで、攻守のバランスも良かった。
 この試合は引き分けを本命に、広島の勝利もダブル買いしたい。
【0-1】この試合は結果的にラッキーなPKで決着したが、両チームとも今後の得点力不足が心配される試合内容だったね。 
FC東京
4位(J1)
全試合
HOME
AWAY
F東京 15勝 1分 9敗
F東京   4勝 1分 7敗
F東京 11勝 0分 2敗
大宮アルディージャ
18位(J1)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 1勝 0分 0敗
得点 1 失点 0
2016
2015
2014
2013
(H) 0●1 (A) 1○0
無し
(H) 0●1 (A) 0●1
(H) 0●1 (A) 5○2
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 0 失点 2
GK 林彰 洋(鳥栖)
DF 太田 宏介(フィテッセ)
MF 高萩 洋次郎(FCソウル)
FW 永井 謙佑(名古屋)
FW 大久保 嘉人(川崎)
主な加入選手MF 長谷川アーリアジャスール(湘南)
MF 茨田 陽生(柏)
MF マテウス(ブラジル)
FW 大前 元紀(清水)
欠場:MF 梶山,平岡出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/25(A) 1○0 (鹿島)
 
J1 第1節02/25(H) 0●2 (川崎)
 
 FC東京は鹿島との開幕戦で攻守にわたって昨季よりもレベルアップした姿を見せてくれた。今節はホーム開幕戦となるだけに、前節よりも素晴らしい試合を期待できそうだ。
 対する大宮は開幕戦で川崎に完封負けを喫したが、試合内容は悪くなかった。決定力不足の感はあるものの、FC東京のホームで相性が良いだけに波乱を起こすかもしれない。
 この試合はFC東京の勝利をシングル買いしたい。
【2-0】FC東京は補強が実って攻守ともに安定感があるね。一方の大宮も完封負けしたものの随所に見せ場もあったため、次節は期待できそうだ。 
ジュビロ磐田
11位(J1)
全試合
HOME
AWAY
磐田 10勝 9分 3敗
磐田   6勝 3分 1敗
磐田   4勝 6分 2敗
ベガルタ仙台
4位(J1)
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 1分 0敗
得点 0 失点 0
2016
2015
2014
2013
(H) 3○0 (A) 1○0
無し
無し
(H) 1-1 (A) 1-1
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 1勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 0
MF 松本 昌也(大分)
MF 高橋 祥平(神戸)
MF フォジル ムサエフ(ウズベキスタン)
MF 中村 俊輔(横浜M)
FW 川又 堅碁(名古屋)
主な加入選手GK シュミット ダニエル(松本)
DF 増嶋 竜也(柏)
MF 三田 啓貴(F東京)
FW 石原 直樹(浦和)
FW 平山 相太(F東京)
FW クリスラン(ポルトガル)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/25(A) 0-0 (C大阪)
 
J1 第1節02/25(H) 1○0 (札幌)
 
 磐田は開幕戦でC大阪とスコアレスで引き分けた。なかなか決定機を作ることも出来ず、今季も得点力不足になることが懸念される。
 対する仙台は開幕戦で札幌に完封勝利し3年連続白星スタートとなった。ブラジル人FW2人が抜けたが、攻守にともに安定した戦いぶりだった。
 この試合は仙台の勝利を本命に、引き分けもダブル買いしたい。
【0-1】仙台の守備力が磐田を上回った試合だったが、磐田はFW川又が仕上がりつつあるのでこれからが楽しみだね。 
ヴィッセル神戸
4位(J1)
全試合
HOME
AWAY
神戸 5勝 7分13敗
神戸 5勝 2分 5敗
神戸 0勝 5分 8敗
アルビレックス新潟
7位(J1)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 1勝 0分 0敗
得点 1 失点 0
2016
2015
2014
2013
(H) 6○3 (A) 0●1
(H) 1●2 (A) 2-2
(H) 1○0 (A) 1-1
無し
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 1分 0敗
得点 1 失点 1
DF 渡部 博文(仙台)
DF 橋本 和(浦和)
MF 高橋 秀人(F東京)
MF 大森 晃太郎(G大阪)
MF 田中 順也(スポルディング)
FW 大槻 周平(湘南)
主な加入選手GK 大谷 幸輝(浦和)
DF 矢野 貴章(名古屋)
MF 堀米 悠斗(札幌)
MF ロメロ・フランク(水戸)
MF チアゴ・ガリャルド(ブラジル)
MF ジャン・パトリック(ブラジル)
欠場:FW レアンドロ出場停止・ケガ欠場選手出停:DF 矢野,MF ロメロフランク
欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/25(A) 1○0 (清水)
 
J1 第1節02/25(A) 1-1 (広島)
 
 神戸は清水との開幕戦に勝利したが、FWレアンドロの負傷という大きな痛手を負った。開幕前に他チームとの練習試合をしなかったためなのか、ややチームの仕上がりが遅れているようにも見えた。
 対する新潟は広島との開幕戦で引き分けに持ち込み勝点を奪った。相手の拙攻に助けられた面もあるが、ホーム開幕戦までは守備的な戦略で戦うのかもしれない。
 この試合は神戸の勝利をシングル買いし、ミニトトでは引き分けもダブル買いしたい。
【2-1】新潟も良かったが神戸の勝負強さが勝った試合だった。新潟は負けたとは言え、昨年よりも確実にチーム力がアップしているように思えるため、これからが楽しみだね。 
横浜Fマリノス
3位(J1)
全試合
HOME
AWAY
横浜M 10勝 1分 2敗
横浜M   5勝 0分 2敗
横浜M   5勝 1分 0敗
コンサドーレ札幌
14位(J1)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 1勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 3 失点 2
2016
2015
2014
2013
無し
無し
無し
無し
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 1敗
得点 0 失点 1
GK 杉本 大地(京都)
DF ミロシュ・デゲネク(クロアチア)
DF 山中 亮輔(柏)
MF ダビド・バブンスキ(セルビア)
MF 扇原 貴宏(名古屋)
FW ウーゴ・ヴィエイラ(セルビア)
主な加入選手DF 田中 雄大(神戸)
DF 横山 知伸(大宮)
MF 兵藤 慎剛(横浜M)
MF 早坂 良太(鳥栖)
MF キムミンテ(仙台)
FW 金園 英学(仙台)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
02/25(H) 3○2 (浦和)
 
J1 第1節02/25(A) 0●1 (仙台)
 
 横浜Mは浦和との開幕戦を打ち合いで制し白星スタートとなった。MF斎藤が攻撃を牽引する形だったが、斎藤がしっかりマークされた場合はどうなるのかという不安要素はある。
 対する札幌は開幕戦で仙台に完封負けを喫し黒星スタートとなった。仙台の堅い守りに苦しめられ得点は奪えなかったが、随所に良い面もあったため今後に期待したい。
 この試合は横浜Mの勝利をシングル買いしたい。
【3-0】負けた札幌はスコア的には完敗となったが、反則を取ってもらえなかったことなど不運な面もあり、試合内容は悪くなかった。次節はホーム開幕戦だけに期待したい。 
柏レイソル
1位(J1)
全試合
HOME
AWAY
柏 25勝 2分18敗
柏 14勝 2分 7敗
柏 11勝 0分11敗
ガンバ大阪
7位(J1)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 1勝 0分 0敗
得点 3 失点 1
2016
2015
2014
2013
(H) 3○2 (A) 1○0
(H) 1○0 (A) 1●3
(H) 1○0 (A) 2○1
無し
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 1分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 1
DF ユン ソギョン(韓国)
DF 小池 龍太(山口)
FW ハモン ロペス(仙台)
FW 大島 康樹(富山)
主な加入選手GK 鈴木 椋大(横浜M)
DF 三浦 弦太(清水)
DF 森 勇人(名古屋)
DF ファビオ(横浜M)
MF 中原 彰吾(札幌)
MF 泉澤 仁(大宮)
欠場:DF 今井出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
 
02/25(A) 3○1 (鳥栖)
 
ACL
J1 第1節
ACL
03/01(H) 1●4 (済州)
02/26(H) 1-1 (甲府)
02/22(A) 3○0 (アデレード)
 柏は鳥栖との開幕戦に逆転勝利し、白星スタートとなった。たしかにブラジル人トリオによる攻撃陣は強力だが、PK2点による逆転劇だったため、過大評価は禁物なのかもしれない。
 対するG大阪は甲府の堅守速攻に苦しみ引き分けで開幕戦を終えた。直近のACLでもホームで惨敗しており、過密日程による選手の疲労も懸念される。
 この試合は柏の勝利をシングル買いし、ミニトトでは引き分けもダブル買いしたい。
【1-3】日程的に厳しいG大阪が不利だと思ったが、ACLの惨敗を振り払うような勝利だった。それにしても柏の守備は脆かったね。 
川崎フロンターレ
2位(J1)
全試合
HOME
AWAY
川崎 21勝 3分 8敗
川崎 12勝 0分 3敗
川崎   9勝 3分 5敗
サガン鳥栖
17位(J1)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 1勝 0分 0敗
得点 2 失点 0
2016
2015
2014
2013
(H) 1○0 (A) 0●1
(H) 3○2 (A) 1-1
(H) 2○0 (A) 1○0
(H) 0●1 (A) 4●5
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 3
GK ホープ ウィリアム(東京V)
DF 舞行龍ジェームズ(新潟)
MF エドゥアルド ネット(ブラジル)
MF 阿部 浩之(G大阪)
FW 家長 昭博(大宮)
FW ハイネル(ブラジル)
主な加入選手GK 権田 修一(F東京)
DF 小林 祐三(横浜M)
DF フランコ・スブットーニ(アルゼンチン)
MF 原川 力(川崎)
MF 小川 佳純(名古屋)
FW 小野 裕二(トロイデン)
欠場:DF エドゥアルド,エウシーニョ出場停止・ケガ欠場選手欠場:DF 小林
最近の試合リーグ・ルヴァン・天皇杯・ACL最近の試合
03/01(A) 1-1 (東方)
02/25(A) 2○0 (大宮)
02/22(H) 1-1 (水原三星)
ACL
J1 第1節
ACL
 
02/25(H) 1●3 (柏)
 
 川崎は大宮との開幕戦を完封勝利し白星スタートとなった。直近のACLでは主力を温存しており、この試合に全力を傾けているようだ。
 対する鳥栖は開幕戦で柏に逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。柏の猛攻撃に耐え切れず反則によって2本もPKを献上した形だったが、良い選手が揃っているだけに軽視は禁物だろう。
 この試合は川崎の勝利を本命に、引き分けもダブル買いしたい。
【1-1】予想通り鳥栖が粘って引き分けに持ち込んだ。やはり今年の鳥栖はなかなか良さそうだ。 
レノファ山口FC
11位(J2)
全試合
HOME
AWAY
山口 0勝 0分 0敗
山口 0勝 0分 0敗
山口 0勝 0分 0敗
アビスパ福岡
13位(J2)
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 1分 0敗
得点 2 失点 2
2016
2015
2014
2013
無し
無し
無し
無し
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 2
GK 山田 元気(京都)
DF 渡辺 広大(山形)
DF 福元 洋平(徳島)
MF 小野瀬 康介(横浜C)
MF 前 貴之(札幌)
FW 米澤 令衣(C大阪) 
主な加入選手GK 杉山 力裕(清水)
DF 岩下 敬輔(G大阪)
MF 山瀬 功治(京都)
FW 松田 力(名古屋)
FW 石津 大介(神戸)
FW ジウシーニョ(ブラジル)
FW ウィリアン ポッピ(ブラジル)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・天皇杯最近の試合
02/26(A) 2-2 (岐阜)
 
J2 第1節02/26(H) 1●2 (大分)
 
 山口は岐阜との開幕戦で2点先行しながら追い付かれ引き分けに終わった。昨年と同様に攻撃力はあるが、守備力が弱いチームのようだ。
 対する福岡は大分との開幕戦に敗れ黒星スタートとなった。良い選手が揃っているだけに、ややチームの仕上がりが遅れているのかもしれない。
 この試合は福岡の勝利をシングル買いし、ミニトトでは引き分けもダブル買いしたい。
【1-2】福岡は良い選手が揃っているだけにこの勝利で勢いに乗りそうだ。一方の負けた山口はやはり守備が課題になりそうだ。 
愛媛FC
6位(J2)
全試合
HOME
AWAY
愛媛 1勝 4分 3敗
愛媛 1勝 2分 1敗
愛媛 0勝 2分 2敗
松本山雅FC
16位(J2)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 1勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 0
2016
2015
2014
2013
(H) 0-0 (A) 1-1
無し
(H) 1●4 (A) 1●2
(H) 1-1 (A) 0●1
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 1敗
得点 0 失点 1
GK 原 裕太郎(熊本)
MF 神田 夢実(札幌)
MF 小暮 大器(C大阪)
MF 田中 裕人(磐田)
FW 有田 光希(京都)
主な加入選手GK 村山 智彦(湘南)
DF ジエゴ(ブラジル)
DF 橋内 優也(徳島)
MF 岡本 知剛(鳥栖)
FW セルジーニョ(ブラジル)
FW 高崎 寛之(鹿島)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・天皇杯最近の試合
02/26(H) 1○0 (金沢)
 
J2 第1節02/26(A) 0●1 (横浜C)
 
 愛媛は金沢との開幕戦で完封勝利し白星スタートとなった。得点は相手のミスに乗じた1点のみだったが、何度も決定機を作れていたので今節も期待できそうだ。
 対する松本は横浜FCとの開幕戦に敗れ2年連続の黒星スタートとなった。チームの仕上がりが遅れているのか、攻撃が噛み合っていないように感じられた。
 この試合は引き分けを本命に、松本の勝利もダブル買いしたい。
【0-0】松本は攻め続けたが決定力が無さ過ぎた。この悪い状況はしばらく続くかもしれない。 
名古屋グランパス
2位(J2)
全試合
HOME
AWAY
名古屋 0勝 0分 0敗
名古屋 0勝 0分 0敗
名古屋 0勝 0分 0敗
FC岐阜
11位(J2)
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 1勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 2 失点 0
2016
2015
2014
2013
無し
無し
無し
無し
☆ 0勝 1分 0敗 ★
(H) 0勝 1分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 2 失点 2
DF シャルレス(ブラジル)
DF 櫛引 一紀(札幌)
MF 宮原 和也(広島)
MF ワシントン(ブラジル)
MF ガルシア(ブラジル)
FW 永井 龍(長崎)
FW 玉田 圭司(C大阪)
FW 押谷 祐樹(岡山)
FW 佐藤 寿人(広島)
主な加入選手GK ビクトル(スペイン)
DF ヘニキ(ブラジル)
DF 福村 貴幸(清水)
MF 野澤 英之(F東京)
MF 永島 悠史(京都)
MF シシーニョ(ギリシャ)
FW クリスチャン(リトアニア)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・天皇杯最近の試合
02/26(H) 2○0 (岡山)
 
J2 第1節02/26(H) 2-2 (山口)
 
 名古屋は開幕戦で岡山に完封勝利し白星スタートとなった。攻撃力があるだけに守備も安定すれば、1年でJ1復帰できそうだ。
 対する岐阜は山口との開幕戦で2点先行されながらも追い付き引き分けに持ち込んだ。ただ、今節の相手は名古屋だけに、先制点を奪われると厳しい試合になるだろう。
 この試合は名古屋の勝利をシングル買いしたい。
【1-1】この試合は名古屋がどうのと言うよりも、岐阜が攻守にわたって素晴らしかった。今年の岐阜は一味違うね。 
京都サンガFC
13位(J2)
全試合
HOME
AWAY
京都 8勝 3分 7敗
京都 3勝 2分 4敗
京都 5勝 1分 3敗
徳島ヴォルティス
6位(J2)
☆ 0勝 0分 1敗 ★
(H) 0勝 0分 1敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 1 失点 2
2016
2015
2014
2013
(H) 0●1 (A) 1●2
(H) 0●1 (A) 0●1
無し
(H) 1●2 (A) 1-1
☆ 1勝 0分 0敗 ★
(H) 1勝 0分 0敗
(A) 0勝 0分 0敗
得点 0 失点 0
DF 田中 マルクス闘莉王(名古屋)
DF 湯澤 聖人(柏)
MF 伊東 俊(山形)
FW 小屋松 知哉(名古屋)
FW 大黒 将志(山形)
FW ケヴィン オリス(ベルギー)
主な加入選手GK 松澤 香輝(神戸)
DF ニコラ ヴァシリェヴィッチ(セビリア)
MF 杉本 太郎(鹿島)
MF 松村 亮(神戸)
FW 山﨑 凌吾(鳥栖)
FW ニコラ アシリチェリッチ(セビリア)
欠場:出場停止・ケガ欠場選手欠場:
最近の試合リーグ・天皇杯最近の試合
02/26(H) 1●2 (山形)
 
J2 第1節02/26(H) 1○0 (東京V)
 
 京都は山形との開幕戦に敗れ黒星スタートとなった。チームの仕上がりが遅れているのか、攻守ともに精彩を欠いているように見えた。
 対する徳島は東京Vに完封勝利し開幕戦を白星で飾った。攻守ともに粘り強さが感じられたので、今節も期待が出来そうだ。
 この試合は引き分けを本命に、徳島の勝利もダブル買いしたい。
【1-0】この試合は予想通り引き分けると思ったが、最後の最後に開幕戦で決勝点となるPKを与えてしまったトゥーリオが汚名を晴らすゴールで決着したね。流石ですトゥーリオ選手! 


toto240x240


みんなのtoto情報はここから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓